交通事故に遭われた方、起こしてしまった方、お電話下さい。(お問い合わせは無料)栗田行政書士事務所
埼玉県所沢市の行政書士事務所運営「所沢交通事故相談.COM」が交通事故に関する相談を承ります。
交通事故相談|交通事故損害賠償金額算定|過失割合の相談|交通事故加害者への損害賠償請求|
弁護士紹介|交通事故メール無料相談|自賠責保険請求|交通事故調査|示談書作成|各種手続き
 当事務所は開業以来、多くの交通事故業務を扱っております。また所沢市の相談員として従事しております。
交通事故相談は所沢交通事故相談へ
交通事故相談は所沢交通事故相談へ
直近の業務1:
保険会社提示額の約1,250万円に対し、当事務所ご依頼により損害賠償金が約1,940万円になりました。(差額は約690万円
直近の業務2: 後遺障害14級認定が当事務所へ相談、異議申し立てをアドバイスしたところ12級へ。慰謝料でみると110万円が290万円になりました。(差額は慰謝料だけで180万円
・ 土日、祝日、夜間の対応も可能です。要予約:04−2933−5445

・ 2005年の開業以来、多くの交通事故業務を扱っております。

・ お客様の情報、秘密が漏れることはありません。(守秘義務・個人情報保護)

・ 相談は当事務所、お客様のご自宅、ご自宅付近の飲食店等、選択可能です。

・ 当事務所ネットワークにより、裁判になった場合も安心(弁護士の紹介)

・ 当事務所の相談は交通事故の書類作成のための相談業務です。

  まずはご相談!一緒に解決策を探しましょう!

交通事故相談は所沢交通事故相談へ
交通事故相談は所沢交通事故相談へ
交通事故相談は所沢交通事故相談へ
 交通事故とは
 交通事故の賠償求権者
■ 交通事故の賠償責任者
■ 交通事故の時効
■ 交通事故の治療費
■ 休業損害
■ 慰謝料
■ 逸失利益
■ 定期金賠償
■ 交通事故の物損
■ 自賠責保険
■ むち打ち症
■ 高次脳機能障害
■ PTSD
■ 交通事故紛争解決
■ 交通事故の過失相殺
 事務所案内
 相談・ご依頼
■ 栗田行政書士事務所
■ 交通事故の紛争解決の方法

交通事故による賠償問題を解決する方法には通常、示談、調停、訴訟という3つの方法がある。

■示談とは

示談とは当事者間(代理人、保険会社を含む)の話合いで損害賠償の責任があるかどうか、金額はいくらか、支払方法はどのようにするか等の取決めを行い解決する方法。

示談は当事者が話合いをして相手が応じれば解決できるので、一般に示談によって解決する例が多い。それだけに損害賠償の知識を十分心得て注意して話し合うことが必要。

■調停とは

当事者間の言い分に開きがあって示談が成立しない場合、成立しても相手が約束を守らない場合、又は相手が示談に応じない場合など当事者間で話合いがつかないときは、簡易裁判所に調停を申し立てることができる。

調停は、裁判官と有識者等から選任された調停委員とで構成される調停委員会のあっせんのもとに話し合い、実状に即した妥当な解決を図る制度。

調停は、裁判と違って申立ての手続きは簡単で費用も安く、しかも公正な第三者を交えて弾力的な話合いが行われる。また、双方の話合いがつけばその場で解決できるので多くの人が利用し、しかもほとんどが妥当な線で解決している。ただ当事者の一方があくまで主張を譲らなければ不調に終ることがある。

なお、正当な理由がないのに裁判所に出頭しない場合には、法律に基づき制裁が加えられる場合がある。

■訴訟とは

示談や調停で、どうしても解決できない場合、最後の解決方法として裁判所に訴えを起こし裁判により解決する方法。

一般に裁判になると費用や日数がかかるという心配があるが、交通事故の裁判は、じん速に審理が進められている。また、損害賠償の話合いがつかず、その日の生活費、治療費に困るような場合は、訴訟を起こす前でも起こしてからでも裁判所に所定の資料を添えて仮処分を申請し、差し当たっての支払いを命じてもらうことができる。このほか判決があっても相手が控訴して支払いを引き延ばそうとする場合、強制執行によって賠償金を早く取り立てられるよう判決文に仮執行宣言をつけてもらうことも可能。

基本的に全国対応致します。電話・郵送のみのサポート業務でも十分な損害賠償金が勝ち取れます。

埼玉県|所沢市|入間市|飯能市|日高市|狭山市|川越市|富士見市|ふじみ野市|入間郡|さいたま市|戸田市|川口市|蕨市|鳩ヶ谷市|越谷市|鶴ヶ島市|坂戸市|東松山市|比企郡|秩父市|熊谷市|深谷市|行田市|久喜市|幸手市|本庄市|加須市|大宮|岩槻|春日部|三芳町|川島町|吉見町|杉戸町|菖蒲町|小川町|松伏町|浦和|埼玉県全域・東京全域

交通事故に遭われたら一度ご相談ください。
交通事故相談は所沢交通事故相談へ
交通事故相談は所沢交通事故相談へ
Copyright(c)kurita gyoseisyosi office All right reserved