交通事故に遭われた方、起こしてしまった方、お電話下さい。(お問い合わせは無料)栗田行政書士事務所
埼玉県所沢市の行政書士事務所運営「所沢交通事故相談.COM」が交通事故に関する相談を承ります。
交通事故相談|交通事故損害賠償金額算定|過失割合の相談|交通事故加害者への損害賠償請求|
弁護士紹介|交通事故メール無料相談|自賠責保険請求|交通事故調査|示談書作成|各種手続き
 当事務所は開業以来、多くの交通事故業務を扱っております。また所沢市の相談員として従事しております。
交通事故相談は所沢交通事故相談へ
交通事故相談は所沢交通事故相談へ
直近の業務1:
保険会社提示額の約1,250万円に対し、当事務所ご依頼により損害賠償金が約1,940万円になりました。(差額は約690万円
直近の業務2: 後遺障害14級認定が当事務所へ相談、異議申し立てをアドバイスしたところ12級へ。慰謝料でみると110万円が290万円になりました。(差額は慰謝料だけで180万円
・ 土日、祝日、夜間の対応も可能です。要予約:04−2933−5445

・ 2005年の開業以来、多くの交通事故業務を扱っております。

・ お客様の情報、秘密が漏れることはありません。(守秘義務・個人情報保護)

・ 相談は当事務所、お客様のご自宅、ご自宅付近の飲食店等、選択可能です。

・ 当事務所ネットワークにより、裁判になった場合も安心(弁護士の紹介)

・ 当事務所の相談は交通事故の書類作成のための相談業務です。

  まずはご相談!一緒に解決策を探しましょう!

交通事故相談は所沢交通事故相談へ
交通事故相談は所沢交通事故相談へ
交通事故相談は所沢交通事故相談へ
 交通事故とは
 交通事故の賠償求権者
■ 交通事故の賠償責任者
■ 交通事故の時効
■ 交通事故の治療費
■ 休業損害
■ 慰謝料
■ 逸失利益
■ 定期金賠償
■ 交通事故の物損
■ 自賠責保険
■ むち打ち症
■ 高次脳機能障害
■ PTSD
■ 交通事故紛争解決
■ 交通事故の過失相殺
 事務所案内
 相談・ご依頼
■ 栗田行政書士事務所
■ 逸失利益の算出

■逸失利益(後遺症)

逸失利益とは被害者に後遺症が残り、将来における得られるはずの利益を失ったことによる損害。

逸失利益の計算式  年収 × 労働能力喪失率 × 係数

・年収額の確定

収入を証明できる人の場合は、後遺障害確定後または事故前1年間の収入(所得税控除前のもの)となり、収入を証明できない人(幼児や18歳未満の学生や主婦、求職者など)の場合には賃金センサスの男女別全年齢平均賃金に基に算出。

後遺症が何等級にあたるのかと、それに対応した労働能力喪失率を後遺障害等級表で確認。

ライプニッツ係数

■中間利息の控除

将来、当然に得られるはずであった利益の喪失を、交通事故発生時に一括で支払を受けることになるため、年5%の中間利息を控除して現時点での価額を算定する。

■逸失利益(死亡)

逸失利益の計算式  年収 × (1−生活費控除率) × 係数

■生活費控除率

被害者が生きていれば、生活費を支出する必要があるが、死亡すれば生活費がかからなくなるため、逸失利益の算定においては、収入から被害者本人の生活費を控除する。生活費の控除額は、性別、年齢、家族構成等を考慮して算定する。

生活費控除率表

区分

生活費の割合

一家の支柱

被扶養者1人・・・・・40%
    2人以上・・・30%

女性
(主婦・独身・女児を含む)

原則として30%

男性
(独身・男児を含む)

原則として50%

基本的に全国対応致します。電話・郵送のみのサポート業務でも十分な損害賠償金が勝ち取れます。

埼玉県|所沢市|入間市|飯能市|日高市|狭山市|川越市|富士見市|ふじみ野市|入間郡|さいたま市|戸田市|川口市|蕨市|鳩ヶ谷市|越谷市|鶴ヶ島市|坂戸市|東松山市|比企郡|秩父市|熊谷市|深谷市|行田市|久喜市|幸手市|本庄市|加須市|大宮|岩槻|春日部|三芳町|川島町|吉見町|杉戸町|菖蒲町|小川町|松伏町|浦和|埼玉県全域・東京全域

交通事故に遭われたら一度ご相談ください。
交通事故相談は所沢交通事故相談へ
交通事故相談は所沢交通事故相談へ
Copyright(c)kurita gyoseisyosi office All right reserved